技術屋にゃん兵衛のてくてくらぼ

気の向くままソフトについて書いてます。バリバリエンジニアではないのであくまでも初心者目線で。

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(13.ユーザーとグループとロールの関係)

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(13.ユーザーとグループとロールの関係)

 

Redmine XのWebサイトはこちら

redmine-x.com

 

いろいろ設定していく中で、権限やできることを整理する目的で、「ユーザー」「グループ」「ロール」の関係を一度整理してみたいと思います。

 

  • ユーザー

    ログインする個々の人を指している。チケットの担当者として割り当てられる。

    「ユーザー」は「グループ」に属することができる。権限などの設定はない。
  • グループ
    「ユーザー」の集まり。権限などの定義はない。

  • ロール
    プロジェクトの内での役割の名前(「リーダー」「協力企業」「開発メンバー」などとつけることが多いかな)。権限を定義する。

 

ここで、「ロール」は何にどのように関連付けるか、というところがややこしい。

この関連付けが適切でないと、ある「ユーザー」でログインしても思った機能が動かなくなります。

さて、「ロール」をどこで割り当てるか。

 

大切なのは、上位の次の概念です。

  • 「ユーザー」「グループ」は、システム全体で使う概念であり、プロジェクトに依存しない
  • 「ロール」は、ある特定のプロジェクトにおいてその「ユーザー」「グループ」がどのように関与しているかを定義するもので、プロジェクトに依存する

ここからわかることは、「全体の設定でロールを関係づけるのではなく、プロジェクト単位なんだ」ということがわかります。

 

今回の「ラスベガス現金強奪」プロジェクトでは次のように設定しています。

プロジェクトを選択して「設定」⇒「メンバー」と進むと、

  • そのプロジェクト内で、あるユーザーまたはグループがどのようなロールを持つか

を設定できる画面になります。

プロジェクト内に登録されているユーザーのリスト

例えば、Brad Pittは次のような感じです。

ここで「犯罪スペシャリスト オーシャンズ11から継承」とあるのは、Brad Pittは「オーシャンズ11」というグループのメンバーで、グループに割り当てられている「犯罪スペシャリスト」というロールを引き継いでいるということです。

このプロジェクトにおいて「オーシャンズ11」に割り当てられているロールは次です。

 

いったんこの関係性を覚えれば、少し楽になると思います。