技術屋にゃん兵衛のてくてくらぼ by データウィズ [DataWith]

気の向くままソフトについて書いてます。バリバリエンジニアではないのであくまでも初心者目線で。

2024-01-01から1年間の記事一覧

ChemSketchのレイアウトを調整する

ChemSketchのレイアウトを調整する 少しご無沙汰でした。。。 以前に反応式を書いたときのように、それぞれの項目の微妙な調整をするときには少し設定を触っておいたほうが良いようです。 今回は ルーラーの表示 グリッドの表示 印刷時のページの印刷範囲 の…

ChemSketchで化学反応式を書く

ChemSketchで化学反応式を書く 1つの分子を論文とかに貼るのであればわざわざソフトを使って構造式を書かなくても、オンラインのサービスなどから画像ファイルを取ってくるだけで済みます。 化学系の描画ソフトを使う必要が出てくるのは化学反応式を書くと…

XMLファイルのテキスト部分だけを目立たせる方法(XMLBluePrint)

XMLファイルのテキスト部分だけを目立たせる方法(XMLBluePrint) XMLファイルを編集するとき、不用意にタグを編集してしまうリスクを減らす必要があります。 もちろん、最終的にバリデーションするでしょうから、編集途中はあまり気にしなくてもよい、とい…

ChatGPT/GeminiでSMILES/InChIを生成させるとどうなるか

ChatGPT/GeminiでSMILES/InChIを生成させるとどうなるか ではやってみます。 ChatGPT + SMILES ChatGPTに「インドメタシンのSMILESを生成して」と入力します。 応答は、、、 念のため、ChemSketchで確認します。 ChatGPTの表記をコピーします。 ChemSketchの…

ChemSketchで3D表示する

ChemSketchで3D表示する 化学構造式を3Dで表示することもあります。 ChemSketchには「3D Viewer」の機能があるようなので、試してみました。 「ACD/Labs」に「3D Viewer」というのがありますので、選択します。 普通、こういう動きだと、現在2Dで表示されて…

Wolfram 言語実行環境 WLJS がアップデートされた

Wolfram 言語実行環境 WLJS がアップデートされた 何日か、WLJSのWebサイトにアクセスできない期間があったのですが、つながるようになってみると、なんと大きくバージョンが上がっていることがわかりました。 おさらいのために。 WLJSというのは、Wolfram M…

PubChemからChemSketchに構造式を取り込む

PubChemからChemSketchに構造式を取り込む おそらく、PubChemに登録されているものであれば、一から化学構造式を描画する手間を省こうとすると思います。 例えば、前回のように「インドメタシンを書きたい」と思ったら、どっかから構造式データをダウンロー…

ChemSketchで簡単「構造>名前」変換とPubChem情報

ChemSketchで簡単「構造>名前」変換とPubChem情報 フリーのACD/ChemSketchで、化学構造式からIUPAC名やSMILESを生成できるので、それを書いておきます。 あとついでに、PubChemの検索機能も。 ChemSketchは、個人の趣味範囲であれば無料で使えるようなので…

大学で学生に使わせるソフトウェアについて思うこと(続)

前回は大学側の観点から書いたんですが、今回はソフトの開発側から「鶏と卵」の話をしたいと思います。 そもそも、なぜ教育用のソフトウェアのライセンスは企業で買う時よりも安いのか?それも格安で。 以下、わたしの考察です。 開発側としては、「ソフトウ…

大学で学生に使わせるソフトウェアについて思うこと

これは、以前から思っていたことなんですが、改めて文章としてまとめてみたいと思います。 大学で学生にあるソフトウェアを使わせようとした時、4つの選択肢があるんじゃないかと。 教官が自身の研究用に使い慣れたソフトを使わせる 学生が将来就職するとき…

XMLBluePrintでXMLからXSDを生成する

XMLBluePrintでXMLからXSDを生成する これまで使ってきた法令のXMLファイルからXSDを生成してみます。 その後、WebでダウンロードできるXSDファイルと比較して、どれぐらい差があるかを見てみます。 まずはこれまで通り、法令のXMLファイルをXMLBluePrintで…

XMLBluePrintの日本語の表示問題が直った件

XMLBluePrintの日本語の表示問題が直った件 以前の記事で、表示を「游ゴシック」から「MS ゴシック」に変えたら、文字が重なってしまってひどいことになってしまう、と書きました。 で、XMLBluePrintの開発元に連絡してみたら、なんと、すぐに修正してくれて…

XMLエディター・XMLBluePrintでExcelをXMLに変換してみた

XMLエディター・XMLBluePrintでExcelをXMLに変換してみた 次のようなExcelファイル(.xlsx)があるとして、これをXMLBluePrintを使ってXMLに変換する方法をまとめたので、それを書きます。 (カッコよく見せるために。少しお堅めのタイトルを選んでみました …

XMLエディター・XMLBluePrintのセキュリティの問題は解決済

XMLエディター・XMLBluePrintのセキュリティの問題は解決済 XMLBluePrintで検索すると、 https://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2019/JVNDB-2019-013889.html のようなセキュリティの問題がヒットします。 これ以外には日本語ページがないせいかもしれませんが。…

XMLエディター・XMLBluePrintを使ってみた

XMLエディター・XMLBluePrintを使ってみた システム間のデータの受け渡しは、XML、JSONを使うことも増えてきました。 XMLのデータの確認にVisualStudioを使っていたのですが、もう少しXMLを扱いやすくて、かつそんなに高くないものはないかな、と探していた…

Wolfram Engine 14.0が出たのでWLJSを試してみた

Wolfram Engine 14.0が出たのでWLJSを試してみた Mathemticaに少し遅れて、Wolfram Engine 14.0がダウンロードできるようになりました。 なので、まずは、WLJSで動くか試してみました。 WLJSは、バージョン0.7.xです(起動したとき、新しいバージョンがあれ…

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(13.ユーザーとグループとロールの関係)

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(13.ユーザーとグループとロールの関係) Redmine XのWebサイトはこちら redmine-x.com いろいろ設定していく中で、権限やできることを整理する目的で、「ユーザー」「グループ」「ロール」の関係を一度整理してみ…

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(12.ステータスの変更)

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(12.ステータスの変更) Redmine XのWebサイトはこちら redmine-x.com プロジェクトが始まると、チケットに進捗度を入力したり、ステータスを変更して、プロジェクトの進行を管理します。 今回は、チケットのステ…

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(11.子チケットの作成)

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(11.子チケットの作成) Redmine XのWebサイトはこちら redmine-x.com プロジェクトの階層化については以前に書きました。今回はチケットの階層化です。 前回まで触っていた「機材調達」のチケット(タスク)をさ…

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(10.進捗状況の入力)

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(10.進捗状況の入力) Redmine XのWebサイトはこちら redmine-x.com これまでは、プロジェクトの定義からチケットの定義まで、割と流れに沿って書いてきましたが、今回からは、個々の機能をランダムに書くことにし…

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(9.サブプロジェクトの作成)

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(9.サブプロジェクトの作成) Redmine XのWebサイトはこちら redmine-x.com これまで、一番上位の親プロジェクトを定義して、タスク(チケット)を定義してきましたが、今度はさらに階層化して、サブプロジェクトに…

Scilabってダッソーシステムズになったんだ

今日、Webをブラウズしていて、気づきました。知ってる人は「何をいまさら」と言われるかもしれません。 Scilab(サイラブ/サイラボ)というのは、フランスのINRIA(National Institute for Research in Digital Science and Techonology:フランス語だと頭…

PythonでMathematicaのManipulate関数ライクな実装をする

PythonでMathematicaのManipulate関数ライクな実装をする Wolfram Mathematicaには「Manipulate」という関数があり、パラメーターを変化させたときに、グラフがどのように変わるかをインタラクティブに表示する機能があります。 こういうものね↓ reference.w…

WLJS Notebookを使ってWolfram言語を動かす(3)

WLJS Notebookを使ってWolfram言語を動かす(3) WLJSのページはこちら jerryi.github.io WLJS Notebookは、Mathematicaでの「Manupulate」関数はありませんが、簡単なスライダーであればできるようです。 WLJS Notebookの左のサンプルが並んでいるペインで…

WLJS Notebookを使ってWolfram言語を動かす(2)

WLJS Notebookを使ってWolfram言語を動かす(2) WLJSのページはこちら jerryi.github.io 今回は「Wolfram言語」とタイトルにはありますが、あまり関係がないかもしれません。 前回、WLJS Notebookで、関数のグラフを表示しました。Wolfram言語では、凡例な…

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(8.WBSでタスクの作成)

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(8.WBSでタスクの作成) Redmine XのWebサイトはこちら redmine-x.com これまで、一番上位の親プロジェクトを定義して、タスク(チケット)を定義してきました 一旦、タスクが全くない状態にして、もう一つの方法で…

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(7.タスク(チケット)の削除)

RedmineベースのRedmine X を使ってみる(7.タスク(チケット)の削除) Redmine XのWebサイトはこちら redmine-x.com これまで、一番上位の親プロジェクトを定義して、タスク(チケット)を定義してきました 一旦、タスクが全くない状態にして、もう一つ…